人は地球そのもの

太陽は、1分間に18回、熱放射する。

海は、1分間に18回、潮の満ち引き=波を繰り返す。

人は、1分間に18回、呼吸をする。

 

太陽のリズムが、地球の海のリズムとなり、それは人の呼吸のリズムとなる。

宇宙を通して織りなすリズムを、

手をつないで一体となり、

波を音を聞き、

風を感じながら、

海に向かって歌う。

 

 

人の体の成分は、地球の成分の相似形とも言われる。

水分の割合は70%。地球の海の割合も70%。

胎児がいる羊水は海水と同じ成分。

羊水の中で胎児は魚類→両生類→爬虫類→哺乳類への進化する。

水かきや尻尾がある時期もあるらしい。

 

 

海は生命の源。

天から、宇宙や太陽のエネルギーを。

地球から、大地や海のエネルギーを。

 

そんなエネルギーのゆらぎの中で、

また人間もゆらぎながら生きている。

ただ、今の地球は人工的な電磁波という、

直線的なゆらぎの中にさらされていることが、とても多い。

 

UTAUMIに参加することで、心地よいゆらぎをまず感じてほしい。

海で手をつないで歌うことを通して、

人間本来が備えている能力を発揮し、

自然とのつながりの中で生きていることを実感してもらえたら、

こんなに嬉しいことはありません。

 

 

 

UTAUMI実行委員会・委員長
北方寛丈
hirotakekitakata.com